ニキビの炎症を抑えたい・・

ストレスや睡眠不足により皮膚の免疫力が低下すると、細菌が増殖しやすい環境になりニキビが出来やすくなります。ですから、毛穴の脂成分が順調に排出される様、生活環境や食生活を改めて見直し免疫力アップさせる事が重要です。
そして、出来てしまったニキビは、洗顔時にゴシゴシこすったり潰したりしない様にしましょう。また、一日に何度も洗顔する事は控えて下さい。

 

角質層や必要な潤いまで洗い流すので肌も乾燥し、角質層が硬く厚くなるので毛穴を詰まらせてしまいます。更に悪化して炎症が酷くなると、赤く目立つようになりニキビ跡も出来るかもしれません。

 

スキンケアの化粧品選びも大切です。炎症を抑える効果があるビタミンC誘導体成分や、保湿成分であるセラミドなどが配合された美容液を使用してみましょう。

 

正しい洗顔、ニキビに効果が期待できる化粧品、免疫力をあげる体質改善を心がければ、お肌のターンオーバーが正常になり角質層が厚くなることを防げるのです。ニキビ肌から健康的な肌に改善していきましょう。

 

 

関連ページ

ニキビ跡が残る
ニキビ跡が残るという状況は、刺激による症状の悪化や、保湿不足などが考えられます。保湿成分配合の化粧品の使用や、生活習慣の見直しなどで、乾燥による刺激からお肌を守りましょう。
ニキビの色素沈着
ニキビの色素沈着は、ニキビによって細胞がストレスを感じ、発生したメラニン色素が定着したものです。メラニン色素の改善には、保湿を意識し、ビタミンC誘導体配合の化粧品が効果的です。