ニキビのできる原因とは?

ニキビのできる原因は、出来る時期や箇所によっても違ってきます。思春期にできるニキビは、成長ホルモンの影響で皮脂分泌が活発になり、毛穴の詰まりを起こすことがほとんどです。また、大人になってからできる大人ニキビは、睡眠や運動の不足、食生活の乱れ、ストレスなど原因がさまざまです。生活習慣の乱れから、お肌のターンオーバーが乱れ、古い角質層が毛穴をふさぎ、なかなか治らない大人ニキビの原因となります。

 

また、間違ったケアもニキビの出来る原因として挙げられます。毛穴の詰まりをなくすため、洗顔などを過剰に行ったりすると、お肌が乾燥した状態になってしまいます。もともと、お肌には必要な皮脂もあり、紫外線などの外部刺激から守ってくれる効果や、保湿効果するがあります。過剰な洗顔などで必要な皮脂まで落としてしまうと、お肌のバリア機能が働かないため、外部刺激からのダメージを受けてしまうことになります。肌は乾燥し、肌荒れやにきびの原因となります。

 

このように、ニキビは毛穴の詰まりが主な原因と考えられていますが、その毛穴詰まりを引き起こす原因は、さまざまです。自分のニキビが、どの原因によって出来ているものなのかをきちんと分析し、正しい方法でケアしていくことが大切です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連ページ

ニキビのタイプ
ニキビのタイプにはさまざまあり、大きく分けると炎症を起こす前と後とに分けられます。主なものに、白ニキビや黒ニキビ、赤ニキビや黄ニキビなどがあります。
ニキビとホルモンの関係
ニキビとホルモンの関係には、ニキビの原因になることがいくつかあり、皮脂や水分の分泌と大きく関わっています。とくに女性の生理前後に出来るニキビは、ホルモンの影響が考えられます。