ホルモンがニキビの原因になっている?

ニキビとホルモンのバランスには、関係があることはよく知られています。皮脂の過剰な分泌は、男性ホルモンの刺激によるものが主な原因です。男性ホルモンは女性でも分泌されており、皮脂の分泌を増やし角質を厚くして、ニキビの原因を作ります。男性ホルモンの分泌は男性の方が多いため、皮脂の分泌も当然多くなります。ニキビが出来やすく重症化することが多いのは、そのためです。

 

また、女性は生理周期によってホルモンバランスが崩れ、お肌のターンオーバーも崩れがちになり、ニキビが出来やすくなることがあります。これは、女性ホルモンのうちの黄体ホルモンが関係しています。黄体ホルモンは、女性の妊娠にとって重要なホルモンです。しかし、皮脂分泌を増やす作用や肌の水分量を減らす作用があり、ニキビ肌にとっては、困ったホルモンです。

 

ホルモンによるニキビの悪化を防ぐには、ホルモンバランスを整えることにあります。男性ホルモンの分泌を抑えるには、ストレスが大きく関係しています。生活習慣の見直しなどで、ストレスフリーな生活を。また、黄体ホルモンは、生理が終わるにつれて分泌が減ってきます。生理前にニキビが出来やすいという場合は、黄体ホルモンによるものと考えられるので、ケアの方法を変えてみるといいかもしれません。

関連ページ

ニキビの原因
ニキビの主な原因は、毛穴の詰まりによるものです。しかし、その毛穴詰まりを引き起こす原因は、さまざまです。自分がどの原因によって出来たニキビなのかを知って、ケアに活かしましょう。
ニキビのタイプ
ニキビのタイプにはさまざまあり、大きく分けると炎症を起こす前と後とに分けられます。主なものに、白ニキビや黒ニキビ、赤ニキビや黄ニキビなどがあります。