ニキビが治っても、なかなか治らないニキビ跡

ニキビが出来やすい方は、生活リズムの乱れや偏食、ストレスなどが原因の場合も考えられます。状況を改善したいならば、まずは規則正しい生活をすること、バランスのよい食事を心がけること。そして、ストレスを適度に解消できるように、自分なりに解消法をみつけていくことなどで対策をしていきましょう。

 

また、ニキビができてしまうと、刺激を与えたりすることで症状が悪化することがあります。酷い悪化の場合にはニキビ跡が残ることもあり、状況によっては、クレーター状のくぼみのような跡が残ることもあります。その状態を回復させるためには、肌の新陳代謝を促すことや、肌の保湿などをしていくことも大切です。運動をする習慣、食生活の改善、そしてスキンケアによる保湿をすることで、できるだけ元の肌に戻せるように心がけていきましょう。

 

化粧品などは、保湿を重視した成分などが含まれている美容液などが良いでしょう。保湿に優れた成分が配合されたものを使い、肌の乾燥を防ぐスキンケアで肌の状態をよくしていくといいでしょう。

関連ページ

ニキビの色素沈着
ニキビの色素沈着は、ニキビによって細胞がストレスを感じ、発生したメラニン色素が定着したものです。メラニン色素の改善には、保湿を意識し、ビタミンC誘導体配合の化粧品が効果的です。
ニキビの炎症
ニキビが炎症を起こしてしまったら、刺激を与えたり、必要な潤いまで流さないよう、洗顔にも注意が必要です。また、炎症を抑える効果のある成分や保湿成分配合のスキンケア化粧品を選びましょう。