ニキビの症状について

ニキビは、医学的には尋常性ざ瘡という名前があります。思春期の頃にホルモンバランスの変化が原因でできるのは、思春期ニキビと呼ばれています。また、大人になってからできることも多く、これは大人ニキビとよばれ、何度も繰り返しできて、なかなか治らないのが特徴です。

 

ニキビの症状については、炎症が起こる前と後で、大きく違ってきます。まず炎症が起こる前の症状としては、毛穴が何らかの原因で詰まり、皮脂が過剰に分泌されることがあげられます。そして、毛穴に皮脂が溜まっている状態や、毛穴に皮脂が溜まりいっぱいになり、空気に触れ酸化して黒くなってしまうこともあります。

 

さらに悪化して、炎症を起こしてしまうと、まわりの皮ふまで赤くなってしまいます。炎症を起こしてしまったニキビは、ケアを間違ってしまうと、炎症がひどくなりクレーターのような跡が残ってしまうこともあります。ニキビの症状が軽いうちに、早めのケアをすることが大切です。

関連ページ

大人ニキビの対策
大人ニキビの対策に重要なのは、生活習慣や食生活など、生活全般の見直しと保湿です。繰り返しできて治りにくい大人ニキビは、根気よく改善していくことが、対策に繋がります。