ニキビの色々なタイプ

ニキビは、いくつかのタイプに分けられ、大きく分けると、炎症を起こす前と後で2つに分けらてれます。その主なものには、炎症を起こす前のニキビには、白ニキビや黒ニキビがあり、炎症を起こした後のニキビには、赤ニキビや黄ニキビといったものがあります。

 

まず、炎症を起こす前の白ニキビとは、皮脂で詰まった毛穴の中でアクネ菌が増えてきている状態を指します。お肌の表面に、白くプツッと出来るものです。毛穴に皮脂がいっぱいに詰まると毛穴が開き、溜まっていた皮脂が空気に触れて酸化し、黒くなります。これが、黒ニキビです。

 

また、白ニキビや黒ニキビが悪化し炎症を起こすと、赤ニキビとなります。この赤ニキビは、毛穴の中でアクネ菌が増え続けている状態で、炎症によって毛穴の周辺も赤く腫れてしまいます。さらに悪化すると膿ができ、黄色ニキビとなります。このように、ニキビには様々なタイプがあり、ケアの方法も違ってくるので注意が必要です。

関連ページ

ニキビの原因
ニキビの主な原因は、毛穴の詰まりによるものです。しかし、その毛穴詰まりを引き起こす原因は、さまざまです。自分がどの原因によって出来たニキビなのかを知って、ケアに活かしましょう。
ニキビとホルモンの関係
ニキビとホルモンの関係には、ニキビの原因になることがいくつかあり、皮脂や水分の分泌と大きく関わっています。とくに女性の生理前後に出来るニキビは、ホルモンの影響が考えられます。